鎌倉末期から南北朝の臨済宗の僧で、著書に「元亨釈書」などがある人物と言えば?

鎌倉末期から南北朝臨済宗の僧で、著書に「元亨釈書」などがある人物と言えば?



1 虎関師錬
2 空海
3 法然
4 親鸞




答え 1.虎関師錬